マープライブの値段やメンテナンス料は?

MENU

マープライブの値段や0円お試し体験について

新しく発表されたMRPシリーズの最新版「マープライブ公式HP】」についてご紹介します。※2016年3月にミクロポイント増毛法マープライブが進化し、1時間最大1,000本の増毛が可能になった事が発表されました。

 

マープライブをCM等で知り、少し興味が沸いてきている方がこのHPをご覧になっているかと思います。ただ、増毛やカツラといった商品は非常に高価な事で知られていますね?マープライブの値段はどのくらいするものだと思いますか?

 

マープ体験者

 

マープシリーズ全般に言える事ですが、決まった定価は存在していません。それは増やす本数や人工毛の種類によって個人個人異なるからです。ですので、人によっては月に1万未満の場合もあれば、4,5万で維持している場合もあり千差万別です。

 

相場としては月に2万程度(メンテナンス費用は1回2,500〜3,000円程度)と言った意見が多いですが、これに関しては実際にカウンセリングを受けて見積もりを出してもらう以外に正確な値段を把握する方法はありません。

 

ただ、これだと不安ですよね?申込まないと値段を把握できないし、申し込んだら値段に納得がいかなくても支払をしなければならない…。これだとユーザー側の負担が大きすぎます。

 

その点、アートネイチャーは大手の増毛サロンだけあって、0円での無料お試し体験が準備されています。これによって最初の不安が大きくなくなり、初めてのユーザーでも気軽にお試しが可能となっています。

 

アートネイチャーの店舗

 

完全予約制により他のユーザーと鉢合わせになる事も無く、個室での丁寧なカウンセリング、実際にマープライブを少量施術してもらっての実体験、見積もりの提示を受ける事が可能です。予算に合わなければ勿論見送ることも可能ですし、その場で結論を出す必要もありません。

 

マープライブに限らず、増毛という方法は試してみない事には正直な感想を得る事が出来ません。最初から契約して、いざ施術してもらったがイメージと違っていた…。これではお互いに不幸になってしまいます。

 

その点、アートネイチャーのマープライブ無料体験では実際に施術してもらって体感できますので、後からイメージと違ったと言う行き違いも最小限に抑える事が可能となっています。マープに似た編み込みの増毛は他の大手サロンでも取り扱われていますし、無名の美容室やサロンでも取り扱われています。

 

体験の流れ

 

アートネイチャーは実績と歴史のある大手ですので、粗悪品に高額な費用を払わされる心配は無用です。CMを見たり、インターネットの広告を見て存在を知った方が殆どだと思います。生え際や頭頂部など薄毛で悩まされている男性は、今では3人に1人も存在するそうです。

 

それらの中の少なくない方たちが、周りに気づかれずこっそりと体験を済ませています。そしてその中の少なくない方たちが周りに気づかれずにコッソリと増毛し、5歳いや10歳以上も若返った見た目をゲットしています。最初の一歩がどうしても踏み出せない方も多いでしょう。

 

しかし、アートネイチャーであれば一切無料でノーリスクと言っても過言ではないでしょう。サロンに足を運ぶ手間と時間は必要になりますが、財布からお金が出ていくことはなく体験が可能です。マープライブの無料体験も実施されていますので、気になっていてまだ未体験の方は一度足を運んでみると良いでしょう。インターネットで簡単に予約が可能です。

 

≫≫マープライブ増毛お試し体験の詳細はこちら≪≪

 

※ミクロポイント増毛法マープライブは2016年3月に進化したことでスピード増毛が可能となっています。より早く自然に増やしたいユーザーのニーズに対応できるように、1時間に最大で1,000本の増毛が可能となりました。クローバー構造で自毛に馴染みやすいマープライブの特殊な人工毛で自然な増毛を体験し「積極人間」の仲間入りをしましょう。増毛ファーストコースなど低価格でのお試し増毛サービスも随時実施されています。

マープライブの仕組みとは?

マープの種類一覧

 

これまでにもアートネイチャーからはMRPシリーズとして数多くの増毛法が提供されていることはご存知でしょうか?マープナチュレ、マープマッハ、マープソニック、マープトレン…(順不同)。これらは基本の仕組みは同じであっても、使われている人工毛が違ったり、増やす本数が違ったりと様々な要望に応えられるように分けられてきました。

 

今回のマープライブについては、人工毛がブラッシュアップされたと言う点が特徴です。通称「クローバー構造」により、人工毛のハリやコシがこれまでのものよりも高品質となり、そのことで以下のメリットが創出されています。

 

進化@

髪が束になって不自然になる事を解消

 

進化A

クローバー構造によりハリやコシがアップ

 

進化B

髪全体のボリュームアップ力が増強

 

これによって従来のマープ増毛法よりも若々しく自然な見た目を作れるようになりました。マープライブは少ない量でもスタイルが決まる点が大きな特徴です。

 

マープライブで使用されている人工毛は三つ葉型になっています。以下がその断面の写真です。

 

三つ葉型の人工毛

 

従来生えている髪の毛に、三つ葉型の人工毛を結び付けていくのがマープライブです。編み込む増毛法になりますので、シートを貼ったりとか金具で取り付けたりといった一般的な増毛法とは異なります。国家資格を持つ専門のアートネイチャースタッフが丁寧に編み込んでいくため、メンテナンス以外に何か手間を加えたりする必要はありません。

 

つまり、約1か月に1度のメンテナンス以外は、自分の髪の毛と何ら変わりなく付き合っていく事が可能なのです。ちなみに、メンテナンス費用は2,500円程度だと言われています。マープ増毛法について詳しく知らない方の為に、以下にマープの仕組みについてご紹介しておきます。

 

マープの仕組み

 

マープのシリーズによって違いがありますが、基本は上記写真のように自分の髪の毛に結び付けて増やしていく仕組みになっています。頭頂部と生え際では、髪の太さにも違いがあり個人個人で癖があったりしますよね?それらを画一的に同じ方法で増やしてしまう事で、どうしても全体的な不自然感が創出されてしまいます。

 

その点、マープシリーズは生え際と頭頂部に使う人工毛を分けて見たり、結びつける本数にも違いがあるために、限りなく自然な見た目を創出できるようになっています。至近距離で見ても、本人でも自分の髪と人工の髪の違いが分からないといった口コミを良く見かけますが、それはこの細かい手作業による人工毛の使い分けが大きな決め手となっています。

 

≫≫マープライブ増毛お試し体験の詳細はこちら≪≪

植毛と増毛、カツラの違い

髪の悩みを解消しようと考えた時に様々なサービスや商品が目に止まります。薄毛や抜毛の悩みを抱えている方は非常に多いことから様々なニーズに答えたサービスがあります。

 

しかし、普段からあまり馴染みがあるものではなく、それぞれどのような特長があるかについては分からない方も多いのではないでしょうか。特に植毛や増毛とカツラなどは一見すると似たようにも思えるのですが、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。

 

植毛と増毛

 

増毛施術風景

まず植毛とは人工毛もしくは自分の髪を薄い部分の頭皮に植え込む外科手術を行なう方法です。髪が抜け落ちたらその場所に再び生やす事は難しく、外から髪を植え込むことにより薄毛を解消する外科的な手法です。

 

頭皮に植え込む人工毛は人の髪に似せて作られた毛で、最近では本物とみまごうばかりの精巧に造られた人工毛が多くあります。

 

また頭髪が薄い場合でも全体を見渡すと抜け毛が発生しておらず本数が多い所もありますので、そうしたケースでは人工毛を用いるのではなく自毛を根本部分から皮膚ごと切り取り、髪の薄い部分に植え込みを行ないます。

 

植え込んだ髪は根元の組織ごと移しますのでその後も髪は成長する点で大きなメリットがあります。

 

続いて増毛とは頭髪の薄い部分に人工毛を表面的に取り付ける施術を指しています。髪を皮膚に植え込むのとは大きく違い、残された髪に人工毛を取り付けてボリュームを出したり、また人工毛が付けられた薄いフィルムを頭皮に張り付ける事で毛量を増やすなどの手法があります。

 

この施術は外科手術を伴うものではなく人工毛を表面に取り付けるだけになりますので、非常に手軽で副作用などの心配もない事が大きな特徴です。フィルムもナノ単位の非常に薄い物で頭皮に張り付けても目視で見分ける事ができず、目立ちやすい生え際にも使用できます。

 

カツラについて

 

カツラ製作風景

またカツラは人工毛が大量に取り付けられた被り物を使う事で大幅に髪の量を増やすことができる装身具です。

 

種類としては全体的に被る全頭用(フルウィッグ)と部分的に取り付ける部分用(ウィッグ)があり、それぞれの方の頭髪の状況により使い分けます。

 

植毛のように根本的に頭髪の状況を改善するのではない点で双方に違いがあり、また毛を表面的に取り付ける点では増毛と似通っています。

 

メリットとしては最近のカツラは精巧な造りで以前のように見た目で気が付かれる事も無く、短期間でのメンテナンスが不要で取り外しも自由な点で大きなメリットがあります。